HOME > 突破口2 大量の事例で、成功を確信

突破口2 大量の事例で、成功を確信

神田昌典の恥ずかしい身の上ばなし

突然ですが、
あなたの会社の業績が突然傾いて、
あなたをはじめ、社員全員が24時間以内に
売る天才にならなければならないという状況に陥ったら
あなた、どうします?

実は、私自身が、このような状況におかれました。
恥ずかしい身の上話となりますが、ぜひ聞いてください。

いま私は、売上をあげる天才といわれておりますが、そもそも、私は、営業を毛嫌いしておりました。

なぜなら、私はそもそも外務省の役人。
しかも、その後、ビジネススクールにも通い、履歴書は、
自分でいうのは何ですが、輝かしい経歴で埋まりました。
だから、自ら営業しなくても、企業のトップとなり戦略をたてるのが私の役割だとすら思っていたのです。

しかし…、経歴なんてもんは、何の役にも立ちませんでした。
役人をやめて、MBAをとってから、
数々の企業を面接。
そこには厳しい現実があったのです。

「あなた、事務とか研究しか、してきてないじゃない?売上あげた経験はないんだ…
「役人・・・?この会社と関係ないだろ、なぜ雇う必要あるんだ?

何晩も徹夜して、見事なパワーポイント資料を創りあげたときのことです。
家電量販店にいって、プレゼンをしたら…
ペラペラとめくられ、私の目の前の、ゴミ箱へ

あまりにも惨めな現実。

それまで…売ることなど、まったく無縁の存在であった私は、
完全に打ちのめされました。

私は藁にもすがる気持ちで、なんとかこんな私でも
売上をあげる方法はないかと全世界を探し求めました。

そんなとき…、いまから思い起こせば、奇跡的な出会いが!

それは、米国への出張中でした。
ふと書店で手にとった、ビジネス雑誌の記事で、
自分から売り込まなくても、売れる方法があるというのです。
売り込むのではなく、売ってくださいとお客からお願いされる方法。
そんなバカな方法があるはずはないと、まずは否定。
騙されないようにしようと、頭からふりはらいました。
しかし、どうにもこうにも、気になって仕方がないので、
調べてみると…
それは100年以上もの歴史がある、ダイレクト・マーケティングと
呼ばれる方法だったんですね。
いまでこそ、ダイレクト・マーケティングは主流になりましたが、
当時は、MBAで教えることもなかったし、会社でも話題になることは
一切なかった。
だから慎重な私は、おそるおそるダイレクト・マーケティング関連ノウハウを手に取りはじめたのですが、
学べば学ぶほど、その実際的かつ奥深い方法論にはまりました。
あらゆる書籍を購入し、あらゆるカセットテープを聞き続け、
あらゆるセミナーに顔を出し、
アメリカのマーケティングが、どうしたら日本でうまくいくのかを
日々夢中になって、実践しはじめました。

もちろん相当な試行錯誤はありましたが、その後、私は
売上をあげるコツを体得。
『売上をあげる神様』とまでいわれるようになったのです。

どんな焼け野原に立たされようとくじけないのは、2万人の実践が支えてくれるから。

営業経験一切なしのお役人が、売上をあげる神様へ。
種をあかせば、それは神様の技術でもなんでもなく
誰にでもできることなのです。
なぜって、あなたの商品を欲しい人が、向こうから手をあげてくれるのですから。
なんのストレスも、プレッシャーもない。
むしろ、あなたのことを好きなお客が集まるのだから、
営業のプロセスは、悦びに満ちているのです。

こうした共感に基づくマーケティングをはじめたところ
多くの経営者が賛同。
私は1998年『ダントツ企業実践会』という
会員制コンサルティング組織をつくり、メンバーとともに
膨大な実践をはじめました。そして
メンバーの実践事例、そして私がメンバーとともに
試行錯誤しながら、学んだことを
毎月ニュースレターにまとめあげていきました。

この実践会は、2004年休会に至るまで、
のべ2万人の経営者が参加。数々の成功者が生まれましたが、
そのうちの5年間書き続けたニュースレターを、
1日で学べるように、ぐぐっと凝縮したのが、
この教材『24時間以内に、売る天才になる講座』

(旧名『5年間のニュースレターを1日で学ぶ講座』)なのです。

全639ページのテキスト、収録時間7時間43分、一気に習得したとき、あなたにはどんな変化がおこる?

まず、あなたに自慢したいのが、このテキストの厚さと重みです。

全639ページの肉厚なテキストがあなたに爆発的な変化をもたらす

この全639ページに収められているのは、事例、事例、事例の連続なのです。
普通であれば、これだけの事例をカバーするのに、
とても1日で終わるはずがありません。ですから事例を
減らさなければならないのですが、私は妥協できませんでした
どれも売上をあげる天才になるのは、欠かすことができないのです。
そこで私は、とにかく早口で、息をつく間もなく、
約8時間話しまくりましたよ。
昼食中、みなさんにはお弁当を食べている間も、私は講義を続けました。それだけの分量を、あなたに時を超えて、お渡ししたいのです。

頭は爆発するでしょうが、
それでいいのです。

売上アップのための情報を浴びてほしいのです。
売上アップのために注がれた
2万人のエネルギーに触れてほしいのです。
それだけ大量の事例に、あなたの脳がさらされた時、
どうなると思いますか?

あ、の連続・・・その後、社員全員が「マーケティング脳」に変わる。

当初は、頭が爆発した、という感覚、
溺れそうだ、という感覚にもなるでしょう。
それでいいのです。
一時的に莫大な情報を流し込むことによって
一気に「マーケティング脳」を創りこんでいるからです。

その結果、一晩おきますと…
徐々に情報があなたの会社の商品知識と結びつけられ、
醸成されていくことになります。
そして、自分の商品を販売するときには、自然に。

あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、とアイデアが次から次へと生まれる引き出しがあなたの、頭の中にできるのです。

これは凄いですよ。
なぜなら、どんなに頭がいい人であっても、
何もないところからは、知識を引っ張りだすわけにはいきません。
そして、どんなに行動的な人であっても、
ひとりで、すべてを経験できるわけではありませんから、
売上アップに関する事例を蓄積しなければなりませんよね。

しかし…、この教材で、その知識と経験が
ストックできてしまうんですよ。

ひとつの会社で、一生懸命働いていても
売上アップ事例を蓄積するには、どれだけ時間がかかるでしょう?
いったい、どれだけの販促費を試行錯誤に注ぎこみますか?

私は経験がありますが、最低でも2年はかかるでしょう。
ところが、この教材を使えば、7時間43分。
まさに学生が試験の前に、一夜漬けするように
売上をあげるために、一夜漬けするようなものです。

内容がつまらなかったら、お薦めしないのですが、
この教材、可笑しいのですよ。
笑っている間に、自然に、売上をあげるアイデアが湧きはじめる。
ビジネス落語といってもいい
かもしれない。

そして笑った後には、次第に内面から変わってくる。
どんなに酷い状況に陥ったとしても、自分で生活を築くことはできるという、野性的な力が漲りはじめるのです。

ネット社会で活躍するためには、リアルな経験をもっていたほうが圧倒的に強い!

さらに重要なメリットが、この教材にはあります。
『24時間以内に、売る天才になる講座』は、いまのネット社会においてリアルな体験ができる、数少ない教材となってきました。

いまや売上をあげるためには、多くの状況下で、
ネット広告を駆使するのが、最もスピーディです。
ネット広告は素晴らしいツールで、使いこなすことによって、
今までかなり困難だったこと―たとえば世界進出が
学生でもネットリタラシーを持てば、できるようになってしまいました。

しかしインターネット・マーケテングは、
あまりにも技術が急速に進化しているので、
顧客に共感できるマインドをもたないと、技術の迷宮に
入り込んでしまいます
。要は、結果があがらないのです。

ログを解析して、頭よさそうな表にまとめても、
その数字が、どんな顧客の感情によってもたらされたのかを
感じることができないと、
改善策を見出すための、さらなる分析の連続がはじまります。
しかし、その何週間にもわたる作業が、
リアルなマーケティング体験をもっている人にとってみれば、
まったく時間の無駄なのです。

「あ、見出しが目立っていないのね。」
「あ、この表現を直せばいいのね。」
「あ、アンケート項目が多すぎるのね。」
ほんの三秒で見分けがつくわけです。

だからネット世代にも、圧倒的にお薦めしているのが、この教材。

リアルな体験と、ネットリタラシーが組み合わさったとき、
あなたには、怖いものがありません。

もしも将来、自分の子どもが会社からリストラされて、絶望の淵に立たされていたとき、もしも私が、唯一ひとつの教材を渡すことが許されるのなら、私は迷いなく、この教材を手渡します。

なぜそこまでいうかといえば、
それだけ、私にとっては人生の大切な一部を切り取った、
奇跡のような講座なのです。
そして実践会という伝説の経営者グループに参加された方々の
血と汗と涙の結晶がここにあるからです。

この資料の重みは、紙の重さだけではありません。
実践の裏にある自分との葛藤、社員との葛藤、家族との葛藤があります。

そういった数々の葛藤を乗り越えて、実践し、結果を出した。
生きることの重みが、この教材に刻まれているからです。

5年分の実践会メソッドを、なんと1日で学べるセミナー 24時間以内に、売る天才になる講座 旧名:5年間のニュースレターを1日で学ぶ講座

コピーライティングセミナー「2割の努力で8割の成果を出す方法」

●CD 7枚組 合計約7時間43分
●テキスト上巻357ページ
●テキスト下巻282ページ
●リライト128ページ付
●収録 2005年1月

35,000円(+税・送料込)


1.理論編
●売るための原理原則
●「売れる」という現実を作るための必要条件
●素人が最短で、売れるようになるステップ
●売る天才になるための魔法の質問
●売ることの本質を理解するための一文とは?
●売るのがヘタという制限をはずすために・・・

2.事例編
ステップ0 手っ取り早く売上をあげたい

●在庫商品をとにかく売ってしまいたい
●ご無沙汰している既存客に来店してもらいたい
●来店する客の名簿を集めたい
●マスコミに記事掲載してもらいたい
●他社の顧客リストを使って、新規客を集めたい
●メールマガジンで新規を集客したい

ステップ1 もっと多くの見込客を集めたい・・・
●タウン誌を活用したい
●努力なしに、広告・DMの反応をあげたい
●とにかく反応の良いチラシをつくりたい
●とにかく反応の良い広告をつくりたい
●電話帳広告で、新規客を集めたい
●反応の良い新規獲得DMをつくりたい
●反応の良いFAXDMをつくりたい
●新規の販売代理店が欲しい
●小冊子を配りながら、新規客を集めたい
●看板を使って、新規客を集めたい

ステップ2 もっと成約率をアップしたい
●自分から手を挙げた人だけセールスをかけたい
●できれば顧客と、一度も会わずに成約したい
●説明会での成約率をあげたい
●小冊子を使って成約率をあげたい
●サンプルをうまく使って成約率をあげたい
●魅力的なオファーで成約率をアップしたい

ステップ3 既存客の売上をアップしたい
●既存客へのDMで売上をアップしたい
●既存客へのニュースレターを出したい
●顧客から最大価値を引き出したい

ステップ4 口コミ・紹介を増やしたい
●紹介を得るツールをつくりたい
●店頭やイベントで口コミを広げたい

ステップ5 いい人材を採用したい

24時間以内に、売る天才になる講座

24時間以内に、売る天才になる講座

●CD 7枚組 合計約7時間43分
●テキスト上巻357ページ
●テキスト下巻282ページ
●リライト128ページ付
●収録 2005年1月

35,000円(+税・送料込)


お支払い方法は、クレジットカード決済または代引(手数料無料)

論より証拠。購入者の声をご覧ください。

  • 資料は愛読書になりました。仕事をしていて行き詰まると、資料をぱらぱらと拾い読みします。すると不思議いつのまにか頭の中でブレイクスルーが起こるのです。今は目次に簡単な内容紹介をつけて、アンチョコとして持ち歩いています。 ( 埼玉県 男性 45才 )
  • 数ある教材の中でも、費用対効果も含め、最強の教材だと思っております。今でも繰り返し学びなおしています。( 千葉県 男性 37才 )
  • 何回きいたかわかりません。たくさんの発想がわいてきます。ありがとうございます。( 愛知県 男性 30才 )
  • 情報量の多さにまずビックリ、聞き始めると心臓がドキドキ、聞き終わった後は頭の中に何枚もの絵がぐるぐると飛び回る。そんな感じでした。何度も何度も聞き、その中から一つ選んで実行しています。 ( 高知県 男性 47才 )
  • 非常に凝縮された内容で驚きました。自分が過去に参加した広告関連のセミナーに行くよりは、これを買ったほうがお得だと思いました。( 東京都 男性 30才)
  • あらためて大きな気づきをいくつも得ることができました。
  • やっぱり、ノウハウは使わなければ忘れてしまうものだということを実感しました。改めて学ぶことと、実践の大切さを再確認しました。得られた価値は1000万!
  • 今まで本当にたくさんの方々が実践された事例を聞くと、自分も周りも、これからがとっても楽しみで、夢のような1日でした。マーケティングを通して、どうしてこんなに幅広いノウハウが身に付けられるのか不思議です!
  • まず、テキストの厚さにビックリしました。同時に、5年分ものノウハウが目の前にまとめられていると思うと、改めて神田先生や実践会の仲間達に感謝の気持ちでいっぱいになりました。終了後、緊急にやるべきことが6個、至急が3個、検討が3個、そして気づきとアイデアが12個、さらに、自分に対する質問も15個得られました
24時間以内に、売る天才になる講座

24時間以内に、売る天才になる講座

●CD 7枚組 合計約7時間43分
●テキスト上巻357ページ
●テキスト下巻282ページ
●リライト128ページ付
●収録 2005年1月

35,000円(+税・送料込)


お支払い方法は、クレジットカード決済または代引(手数料無料)

最後に大切なメッセージ

私は、「買ってください」と頼むことはほとんどありませんが、この内容は例外です。なぜなら、それだけ実践会のメンバー、そして私が全力投球してきた結果だからです。
ぜひ、お買い上げください。
そして何回も何回も聴いてください。

サイン

追伸
売る力は、独立自尊への重要な力です。売る力を得ることで、私は損得勘定で、生きることがなくなりました。なぜなら、いつでもお金なら稼げるようになるからです。そうして金銭的不安を感じる必要がなくなったときに、自分の本質が浮かび上がってきました。この教材で売る力を身につけたとき、あなたの本質も浮かびあがることになるでしょう。

24時間以内に、売る天才になる講座

24時間以内に、売る天才になる講座

●CD 7枚組 合計約7時間43分
●テキスト上巻357ページ
●テキスト下巻282ページ
●リライト128ページ付
●収録 2005年1月

35,000円(+税・送料込)


お支払い方法は、クレジットカード決済または代引(手数料無料)