HOME > 洋書トライアスロン特集

洋書トライアスロン

海外に詳しいプロフェッショナル達が注目するビジネス書を、翻訳される前に誰よりも早くあなたが話題にできるわけ。

近年、ベストセラーになった次のビジネス書の共通点は何だか、お分かりになりますか?

洋書トライアスロン

その答えは ― 翻訳される前から、いち早く神田昌典が
『洋書トライアスロン』で紹介していることです。

『洋書トライアスロン』とは、できるビジネスリーダー、エグゼクティブに、2週間に1度、お届けする45分のオーディオ教材。毎回最新の海外ビジネス書をとりあげ、それをきっかけに神田がどう読んだか、どう活用できるか解説します。実は、この教材―ビジネスチャンスの穴場です。なぜなら、約1年も前から、次のベストセラーの内容が分かってしまうからです。
「ええっ! それは、凄い! 次のベストセラーが分かるなんて!!」
もしあなたが、そう敏感に反応したなら、あなた自身が、次のビジネスムーブメントを起こす人なのかも知れません。

ムーブメントを起こす人の登竜門が、「洋書トライアスロン」。実際にあった話をいたしましょう。

大手電機メーカーに勤める、30代ビジネスウーマン。彼女は英語もできるし、コミュニケーションの達人だし、また仕事を誰よりも効率的にこなす。しかし残念ながら、会社は彼女の能力をうまく活かすことができずにおりました。
そんなとき彼女が出会ったのは、一冊の洋書『ビジネスモデル・ジェネレーション』。ダイヤログのなかからビジネスモデルを創りあげる、その手法は、彼女の能力を一気に引き出しました。会社内での仕事はいままでどおりこなしながら、彼女は会社の外で読書会を開催。その、わずか3カ月後には、彼女はビジネスモデルの専門家として知られるようになり、全国で300名を擁するネットワークの中心人物に。『ビジネスモデル・ジェネレーション』の続編が翻訳出版される際には、翻訳協力者に抜擢されることにもなったのです。

こうした実績は、必ずしも彼女が幸運だったからではありません。

事業企画に携わる20代男性―いままで洋書を読めるとは思っていなかった彼は、『洋書トライアスロン』で自信を身につけ、ビジネス書を独自に物色。ダン・ロームの“Blah, Blah, Blah: What to Do When Words Don’t Work” の読書会を開催。そして著者に連絡をとったところ、ダン・ローム氏と直接、コミュニケーションがスタート。いまや数々の欧米の著者から、日本市場についての意見をもとめられるアドバイザーにまでになりました。

さらには…
情報サービス会社に勤める30代の男性は、洋書トライアスロンで『ビジネスモデル・ジェネレーション』を知った直後に、社内の新規事業立ち上げプロジェクトのメンバーに抜擢。早速、ビジネスモデル・キャンバスをチームのメンバーと共有し、プロジェクトを推進したところ、これが大成功。チームは社内から注目され、その手法を他の社員たちにも広げる研修プログラムの開発を任されました。いまでは、彼は社内研修プログラムのリーダーとして、活躍しています。

アメリカのビジネスは進んでいる。だから、洋書は宝の山。
洋書を読めば、ビジネスチャンスをものにできるようになるのです。
それを実感するのが、『洋書トライアスロン』です。

英語ができなくでも、大丈夫。聞き流すだけで、頭の隙間に、年間24冊のビジネス洋書が入りこむ。

20~30代のビジネスパーソンが1年間に読むビジネス書の平均は、たった3.1冊(2009年の調査)。そんな中、あなたが年間24冊のビジネス書―しかも、日本語訳が出版されるまでに最低でも1年間はかかる海外の良書の内容を、あなたがまっさきに知っていたら……どれほどの発言力をリアルでもネットでも持つことになるでしょうか?その結果、どれほど影響力をもつ人と付き合うようになるでしょうか?
想像してみてください。
下記のような本から得られる知識について、あなたはいち早く概要を知り、いち早くまわりと噂し、いち早く本を取り寄せたり、仕事で使ってできるようになるのです。

片方の耳を傾けるだけで、あなたの頭に自然に入ってくる!洋トラで取り上げた本の、ほんの一部をご紹介しましょう。

今まで洋書トラで取り上げた書

『Grouped : How small groups of friends are the key to influence on the social web』

Paul Adams 著
『Grouped : How small groups of friends are the key to influence on the social web』

洋トラ収録4カ月後に、邦題『ウェブはグループで進化するソーシャルウェブ時代の情報伝達の鍵を握るのは「親しい仲間」』として翻訳出版され、ベストセラーに!
ソーシャルネットワーク上での、実践に基づくデータ満載で、即仕事に役立つ。

今まで洋書トラで取り上げた書

『Natural Learning for a Connected World : Education, Technology, and the Human Brain』

Joseph Chilton Pearce著
『Natural Learning for a Connected World : Education, Technology, and the Human Brain』

翻訳されることは、おそらくない良書。ネットの社会において、教育がどのように変わっていくのか?ゲーム脳と騒がれた子どもたちが、イメージの処理スピードが驚異的に早い事例等、いままでの常識を覆す!

今まで洋書トラで取り上げた書

『Thisis Service DesignThinking : Basics-Tools-Cases』

Marc Stickdorn & Jakob Schneider著
『Thisis Service DesignThinking : Basics-Tools-Cases』

これも厚すぎて、翻訳されることはないだろうと思われる良書。サービスデザイン思考という概念を、豊富な事例とともに紹介。マーケティングは、もはや古いと思わせるほどの充実度。これについていけない会社は、世界から取り残される。

今まで洋書トラで取り上げた書

『Resonate』

Nancy Duarte著
『Resonate』
~ Present Visual Stories that Transform Audiences ~

洋トラ収録1年後に、邦題『ザ・プレゼンテーション』として翻訳出版され、ベストセラーに!プレゼンテーションに関する、いまだかつてないベスト本でしょう。聴衆の心をつかむ見せ方、ストーリーテリングを見事に分析・方法論化。これ一冊の知識で「10年は食える!」と思えるほど、画期的。

今まで洋書トラで取り上げた書

『Business Leadership in China』

Frank T. Gallo著
『Business Leadership in China』
~ How to Blend Best Western Practices with Chinese Wisdom

西欧人が、中国でビジネスをするときの指南書。日本人がみる中国とは全く異なる視点が非常に役に立つ。本書も、永遠に翻訳されることはあるまい。こうした良書に触れるだけで、視野が圧倒的に広くなる。

今まで洋書トラで取り上げた書

『Immunity to Change』

Robert Kegan ,Lisa Laskow Lahey著
『Immunity to Change』
~ How to Overcome It and Unlock thePotential in Yourself and Your Organization ~

これもおそらく翻訳されることがない素晴らしい書。ハーバード大学のロバート・キーガン博士の長年におよぶ研究結果を「変革への免疫メカニズム」という観点からまとめた。変化への免疫にどう対応するか?―これがわかったとたん、一瞬一瞬が成長へと変わっていく。いやー、知識は力であることを、まさに実感できる!


以上の本は、数年前の収録になりますが、いまでも知っておきたい、知らなければならない内容ばかりでしょう?
このように『洋書トライアスロン』では、神田昌典が選りすぐったビジネス洋書2冊を、毎月あなたにご紹介。その内容をきっかけに、あなたに仕事のヒントをご提供します。

「なーんだ。毎月2冊ぐらいだったら、自分でも読めるよ」
という方。
ちょっと待ってください。

実は、あなたにご紹介する2冊を選ぶために、
その10倍の洋書が購入され、事前調査されています

あなたもご存じのとおり、洋書は安くない。
だから『洋書トライアスロン』は、
あなたの最新情報収集のために、
神田昌典をコンシェルジュとして雇っているようなものです。

洋トラ・リスナーの声

海外ビジネス書の邦訳が発売されたとき、自分はすでにその内容を知っている。これは快感です! (システムエンジニア 男性 26歳)

洋トラ・リスナーの声

仕事の幅を広げるため、欧米の専門書を読みたいのですが、英語がどうしてもネックに。洋トラは、そのエッセンスを日本語で知ることができ、しかもラジオ番組のように楽しく聴くことができる素晴らしいプログラムです。 (デザイナー 女性 30歳)

洋トラ・リスナーの声

マスコミで話題になる前の世界のビジネストレンドの核が、本の中にはあると思います。それをいち早く知ることができ、仕事でも大いに役立っています。 (広告制作会社勤務 男性 41歳)

洋トラ・リスナーの声

海外のビジネス書に興味がありましたが、正直、どれを読んだらいいのか手がかりがありませんでした。洋トラで神田さんセレクトの良書に触れるうち、海外ビジネス書界の地図のようなものが自分の中にできてきて、自分の選書眼もどんどん磨かれていると感じます。 (食品輸入会社勤務 女性 34歳)

洋トラ・リスナーの声

オーディオ教材に以前は疑問を持っていたのですが、実際に始めてみると、時間節約になる上にリラックスして取り組める、非常に効果的な学習だと実感しています。 (NPO職員 男性 47歳)

洋トラ・リスナーの声

洋書を読むのはハードルが高いと思っていましたが、神田さんと井上先生が日本語で解説してくれるので、英語の壁を感じることなく本の内容に触れることができ、そのおもしろさにハマりました。いまでは、特に興味を持った本は自分で原書を買って読んでいます! (キャリアコンサルタント 男性 33歳)

洋トラ・リスナーの声

神田さんの著書のファンで、1年前から洋トラを聴いています。神田さんが次はどんな刺激的な本を届けてくれるのか、毎号ワクワクしています。 (会社経営 女性 44歳)

この最新のビジネス洋書から学べる内容は、
世界一流の大学院レベルといっても過言ではない。
聞いているうちに、あなたも普通に
海外で活躍するマインドセット
身についていきます。

講師の紹介

神田昌典

神田 昌典 プロフィール

経営コンサルタント・作家
日本最大級の読書会『リード・フォー・アクション』主宰
上智大学外国語学部卒。ニューヨーク大学経済学修士、ペンシルバニア大学ウォートンスクール経営学修士。
大学3年次に外交官試験合格、4年次より外務省経済部に勤務。戦略コンサルティング会社、米国家電メーカーの日本代表として活躍後、1998年、経営コンサルタントとして独立。2007年、総合誌で“日本のトップマーケター”に選出。2012年、アマゾン年間ビジネス書売上ランキング第1位。現在、ビジネス分野のみならず、教育界でも精力的な活動を行っている。公益社団法人・学び力育成協会の創設に関わったほか、現在は、公益財団法人・日本生涯教育協議会の理事を務める。

洋書トライアスロン発刊当時からのパートナー講師・井上久美先生は、
かつてから闘病中でしたが、2014年9月9日、
ご逝去されました。
現在、神田昌典が、井上先生のご意志を引き継ぎまして、
単独にて、洋書トライアスロンは収録しております。

毎回、この収録現場から、新しい知的ムーブメントがはじまっている!! ダブル講師から、あなたへの応援メッセージ

毎回、毎回、刺激的な言葉に
発想が溢れ、行動したくなってくる
だから自然にチャンスが向こうからやってくる

洋書トライアスロン、ご視聴はこちらから

【試聴版】洋書トライアスロン Vol.01 創刊記念号

重要なのは、習慣です!
良質な情報は、良質な話題をつくる。
自分に自信がもて、まわりから、一目置かれるようになります。
しかも、この知的習慣には、努力がいりません。
こうしてネットをみている間に、
片耳を傾けるだけでいいのです。

定期購読を申し込む

お申込・ご視聴はとってもカンタンです。

  1. 会員登録をする(月額会費の決済後、お申込完了です)
  2. マイページから、デジタルコンテンツをダウンロード(毎月10日、25日配信)
  3. MP3データなので、ipodなどの携帯プレイヤーでご視聴いただけます!

その他、グローバルビジネスパーソンが知って得する情報をお届けする無料のバイリンガル(英語・日本語)メールマガジンも絶賛提供中。
もちろん、会員しか聞くことができない、“洋書をサクサク読みたくなる”会員特典号などなど、会員ならではの特典も提供中!!

定期購読いただきますと、年間3万6000円もお得!
さらに…会員だからこその、すごい特典をご提供いたします。

すごい特典2

これは必聴!ピーター・ドラッガーの教えを、
現代のキャリアに生かせるようになる。
パラレルキャリアをテーマに語り尽くす
『Living in More Than One World』 60分 無料!

すごい特典3

英語が苦手と思っているあなたも
洋書がふつーに読めるようになる虎の巻。
『あなたも洋書が読める!』
by Chris Foskett and 神田昌典(PDF) 無料!

定期購読を申し込む

最後に ――― とても重要なこと。

恥ずかしいのは、
英語ができないことではなく、
海外ビジネスパーソンとの
共通の話題がないことです。

『洋書トライアスロン』の定期購読により、常に話題の中心になることは、結局、あなたのまわりに非常に優秀な人のネットワークを創り上げることになります。その結果、あなた自身が気づく前に、まわりがあなたの能力に注目しはじめるでしょう。
これから海外の最新動向は、ビジネスパーソンに必須。
一緒に飛躍していくために、心より定期購読をお薦めします。

学びのコンシェルジュ マネージャー
鈴木貴子

追伸
あとで申し込もうという方。ジョギングと同様、あとでと思ってしまうと、走り出すことができません。走り出してしまえば、あとはとても気持ちがいい。海外情報に精通した自分に圧倒的な自信が持てるようになります。『洋トラ』によって、楽しく、笑いに満ちた知的習慣を一緒にスタートしましょう!

定期購読を申し込む