MY PAGE
お客様情報登録・確認

ダントツ 2011/01/25配信号 Vol.135 マネジメント3.0は、型から入れ!

2011.1.25

 

 
「会社の経営スタイルは、さまざまある」

「会社によって文化が違って当然」。

こういった見解は、もはや当てはまらなくなってしまった。
極論を言えば、すべての会社はEC studio化していくべきだ。

EC studioとは、
今回インタビューゲストに社長の山本敏行氏をお迎えしたが、
社内IT化の徹底によって、
2年連続で社員満足度日本一に輝いた会社だ。

ここが実践していることは、
どの企業もほぼ無料で実践できる。

その結果、社内の業務効率、
コミュニケーションを大幅に改善できることは明らかだ。

目を引くテクニックをいくつかあげれば…

●Gmail、Googleカレンダー、Googleドキュメントを活用、

 いつでもどこでもアクセス可能な環境を実現

●メールの代わりにSkypeチャットでコミュニケーション

●Microsoft Office互換ソフトを導入 → ひとり当たり5万円のコスト削減!?

●テレビ会議はPlay Station3で!

●パソコン・iPhoneで動画を撮り、マニュアル作成&共有

このようなテクニックの多くは、
「そりゃ、聞いたことがあるよ」というものかもしれない。

しかし、それを実際にやってみる会社はほとんどない。

なぜなら、今まで慣れ親しんだ会社の文化
ー ヒエラルキーやプロセスを重視する文化 ー と、
フラットなコミュニケーションをベースに創造を行なっていく文化とが、
衝突するからである。

Google Appsをはじめとするクラウドサービスは、
圧倒的に使いやすく、コストもかからない。

であれば、古い、効率の悪い仕事をやめて、
新しいコミュニケーション・価値創造プロセスに移行するしかないのだ。

恐らく、それは無意味な抵抗に遭うだろうが、
やり遂げなければならない。

古くなった会社のOS=経営者のOS=は、
ITによるコミュニケーション革命という型から入れば、
バージョンアップできる
のである。

内容の一部をあげると…
● クリエイティビティを格段に向上させる!
 次世代型ワークスタイルを構築するポイント
● “変化したくない”社内に、
 ITマネジメントを導入する際のコツと注意点
● コミュニケーションのレベルによってツールを使い分ける、
 具体的なステップ

本レビューは、アルマ・クリエイションが提供する、オーディオブック&オーディオセミナーサービス「実学M.B.A.」に収録されている内容のご紹介です。
本編は「実学M.B.A.」にてお楽しみください。

今なら500円で1ヶ月聴き放題!

実学MBAお申込み



MAIL MAGAZINE・SNS
メルマガ・ソーシャルメディア


メルマガ一覧を見る