MY PAGE
お客様情報登録・確認

ダントツ 2011/12/25配信号 Vol.145 地震予知とビジネスリーダーができること

2011.12.25

 

 

首都直下型大震災が起こる確率は?

地震研究家の進村先生は躊躇しながらも、答えた。

「 10 年以内に、90%。しかし、不安はありません。

日本は繰り返し復興してきましたから…」。

その勇気づける姿勢に、もはや震災は避けては通れないとの確信が、

こちらに伝わってくる。

私が今、地震予知に注目する理由は明らかだ。

内閣府(中央防災会議・首都直下地震対策専門調査会)の発表によると、

首都直下地震が起こった場合、想定される被害は最大で死者 1.3 万人、

負傷者 21 万人、経済損失 112 兆円。

日本の税収が年間約 40 兆円だから、このインパクトは誰にでも想像できるだろう。

地震が起こった瞬間に日本の財政は破綻、戦後と同様に

預金封鎖と新通貨への切り替えが行なわれ、

通貨インフレは止まるところを知らない…という事態にもなりかねない。

これを知ってしまった、経営者をはじめとするビジネスリーダーは、

少なくとも社員、そして顧客をできるだけ守るべきだと考える。

進村先生によれば、大地震は 4 日前には予測できるという。

この知識があれば、今後全世界の人命が、何百万人と救われるはずだ。

ノーベル防災賞があれば受賞すべきだと思える日本人が、ここにいる!

本レビューは、アルマ・クリエイションが提供する、オーディオブック&オーディオセミナーサービス「実学M.B.A.」に収録されている内容のご紹介です。
本編は「実学M.B.A.」にてお楽しみください。

今なら500円で1ヶ月聴き放題!

実学MBAお申込み



MAIL MAGAZINE・SNS
メルマガ・ソーシャルメディア


メルマガ一覧を見る