MY PAGE
お客様情報登録・確認

100人で400億円を稼ぎ出す! やずや社長との、100分間ダイアログ

2012.5.25

 

 

社員1名当たり、売上4億円。

こんな驚きの数字をたたき出しながら、さらに次から次へと新規事業を成功させている会社がある。社長は、弱冠37歳。福岡を本拠地とする、株式会社やずやだ。

矢頭徹社長の考えを聞くことで体得できるのは、企業の強さがどのように創られ、世代を超えて引き継がれていくのか、という本質である。彼が、さらりと発する言葉の中には、実は、創業当時からの教えが息づいている。

● 社員採用の際は、夢に共振する人を選ぶ。

● 時間をどう使ったのかという、“擦り合わせ会議”が大切。

● 事業を伸ばすために人を増やすのではなく、今の人員で、どこまで事業を伸ばせるかにチャレンジする。

これらの言葉の裏に、どれほどの蓄積があったかと考えると、二度と忘れぬよう、心に刻み込みたくなる。

さらに・・・聞いてはいたものの、姿勢を正される内容は、創業者から三代目社長へと、綿々と引き継がれる帝王学だ。この帝王学とは、なにも金儲けの教えではない。

≪いかに子を自立させるのか?≫≪いかに子を信頼するか?≫≪いかに子を愛するか?≫

例えば、創業者である父は、20歳になった息子に、「これで父親としての務めは終了だ」と、ポンと100万円を渡したという。その≪重みと温かさ≫が、息子を大きく成長させた。

社員1名当たり売上4億円という数字は、そうした帝王学の上に築かれている。

そして、その帝王学とは、誰もが家庭で実践できることなのである。このインタビューは、仕事においても、家庭においても、凛とした姿勢を保つ大きなきっかけとなるに違いない。

内容の一部をあげると…

● 34歳で社長就任! なぜ、若き社長へと理想的な世代交代ができたのか?

● スムーズなコミュニケーションのベースは、家族会議の伝統があってこそ

● “レター部”が添削!? 社員の文章力を引き上げる仕組みとは

● お金を稼ぐ3つのステップ ― 「グループ会社の社長になるタイプもあってOK」

● 社員がすべき仕事とアウトソーシングする業務を、どう区別しているのか?

● ダイレクトマーケティングのフロントランナーとして、海外展開に懸ける思い

「実学M.B.A.」のメンバーは、神田昌典による本書の紹介&日本での活用アイデアを、こちらからお聞きいただけます。

トップマーケッター神田昌典の、過去20年を超えるノウハウ宝庫「実学M.B.A.」を
まだ体験されていないなら、いまなら500円でお試しできます

実学MBAお申込み



MAIL MAGAZINE・SNS
メルマガ・ソーシャルメディア


メルマガ一覧を見る