MY PAGE
お客様情報登録・確認

ダントツ 2012/12/25配信号 Vol.157 クラウドファンディング-集客そして事業創造の奥の手を今、体験せよ!

2012.12.25

 

 

クラウドファンディング-

夢に挑戦する人や、ある志を持った人が立ち上げたプロジェクトに、

共感した人たちが、インターネットを通じて活動支援を行う手法であるが、

これが実績を上げている。

例えば、アメリカでの「Pebble E-Paper Watch」という事例。

さらには「+POOL」や「lowline」といった公共事業につながった事例。

日本でも、東日本大震災復興支援に関するプロジェクトをはじめ、

スポーツ選手の活動を応援する事例などで実績があがり始めている。

クラウドファンディングのプロセスには、2つのメリットがある。

1つには新規事業を立ち上げる際、“プロトタイプ”を短期間で試行できること。

2つめはマーケティングツールとして、商品量産前の“予約販売”が可能になること。

さらにいえば、集客にも役立ってくれるのだ。

普通に考えると一時的なブームで終わりかねないモノであっても、

利用者自らがSNSなどを使って当然のように周囲にPRしてくれるので、

計り知れない“宣伝効果”“伝播力”が得られる。

さらにさらに驚くのは、これが定着した場合-「ウィシム」は“ポイント”を

支援金と交換できるわけだが-これはまさに“お金のソーシャル化”に他ならない。

事業創造スキルを身に付けたものは、企業に就職するまでもなく、自らが直接、

事業に必要な資金を集めることができてしまう。

この事実には、まったく新しい経済体制・社会体制の誕生を感じるほどだ。

アイデアがお金を産み、グローバルに交換されていく時代……。

ぜひあなたも、クラウドファンディングを気軽にやってみてほしい。

そこでは確実に、“今から5年先の世界”を体験することができるだろう。

内容の一部をあげると…

  • 欧米と日本の違い-日本人は、「人となりに対して、共感して投資する」傾向がある
  • 社内でボツになってしまった企画。規模的に必要なだけの資金が集まれば、“99%の、陽の目を見なかった可能性”に光をあてることが可能になる!?
  • クラウドファンディングを利用すれば、本来的なCSR活動や、マーケティングが、効果的に行える!

本レビューは、アルマ・クリエイションが提供する、オーディオブック&オーディオセミナーサービス「実学M.B.A.」に収録されている内容のご紹介です。
本編は「実学M.B.A.」にてお楽しみください。

今なら500円で1ヶ月聴き放題!

実学MBAお申込み



MAIL MAGAZINE・SNS
メルマガ・ソーシャルメディア


メルマガ一覧を見る