MY PAGE
お客様情報登録・確認

神道とビジネスの 深い関係

2014.8.25

 

 

神社に行って、手を合わせる。

これを当たり前に行っているビジネスリーダーは多い。

しかも近年、合理的な判断を超えたところで直感を得るために、

神社仏閣を巡ったり、またお水とりを行ったりする人も、

増えているように思える。

私も、そんな一人であるが、

お恥ずかしいことに、神道とは何かということを、

いまさら聞くわけにもいかない。

そのために、今まで知ったかぶりをしてきてしまった。

この悪癖を絶つ機会がようやく現れた。

というのも、宮司として神職を司るかたわら、

IT企業の経営者をなさっている方が現れたのだ。

株式会社アイズの川邊泰志社長である。

川邊社長の話を聞くと、

実は、日本企業の「経営成功の原型」は、神社にあることが見えてきた。

祝詞や神楽、祭事には、

顧客への想い、ビジョン、社員とのコミュニケーション、

さらには地域社会との同調プロセスなどなど―

経営をうまくやるためのメカニズムが、隠されていたのである。

表立っては語られない、日本企業の本当の強さ―

それを、変わることなく、永遠に継承していくために、

多くのビジネスリーダーに、ぜひ聴いていただきたいインタビューだ!!

内容の一部をあげると…

  • 日本を代表するトップ企業の経営者たちは、神事にどんな姿勢で臨んでいるのか!?
  • たどりつく方法は違っても、国内外いずこの企業も目指すゴールは同じ。しかし日本人ならでは、無意識のうちに実践しているビジネスプロセスとは。

「実学M.B.A.」のメンバーは、神田昌典による本書の紹介&日本での活用アイデアを、こちらからお聞きいただけます。

トップマーケッター神田昌典の、過去20年を超えるノウハウ宝庫「実学M.B.A.」を
まだ体験されていないなら、いまなら500円でお試しできます

実学MBAお申込み



MAIL MAGAZINE・SNS
メルマガ・ソーシャルメディア


メルマガ一覧を見る