MY PAGE
お客様情報登録・確認

敏腕マーケッターをどう短期間に育てるか? 創業4年で、年商47億円へ 急成長ベンチャー・独自ツールの威力

2020.1.12

 
 

創業4年で、売上47億円の急成長を実現しているのが、
ベンチャー企業の株式会社Macbee Planet(マクビープラネット)である。

この会社、デロイトトーマツが出しているテック企業「Fast50」で、第4位にランキングされるほどの実力。

小嶋雄介CEOが率いる、このベンチャー企業が提供しているのは、
デジタル広告エージェンシーマーケティング分野でのコンサルティングなのだが――
いったい、どうやって、小嶋社長は、この急成長を実現するマーケッターを育てているのだろうか?

私自身、マーケティングを手がけているからわかるが、マーケッターを育てるのは、至難の技。
なぜなら、あまりにも学ぶべきことが膨大だからだ。

ならば、即戦力のマーケッターを採用すればいいと思うが、残念ながら、そんな人材はどこにもいない。
その結果、マーケティング業界は、慢性的に人手不足。

そのなかで、小嶋社長は、涼しい顔をして、若手人材を短期間でベテラン・マーケッターに育て上げてしまう。

このマーケッター養成の秘密は――彼らのツールにあると、私は睨んでいる。

マクビープラネット社は、ありとあらゆる広告効果を一元管理する「ハニカム」というツールと、
顧客行動を可視化・予測する「Robee」(ロビー)というツールを開発・販売している。

一言でわかりやすくいえば、成果を上げるために、どんな手を打てばいいのか――
それを、これらのツールが、明らかにしてしまう。

だから、ツールを使っているうちに、
数値結果を上げるための、必要な作業を、ゲーム感覚で学んでしまうことになる。

考えてみれば、ゲーマーは、楽しく遊んでいるうちに、達人へと育っていく。
であれば、すべての職業も、楽しく遊びながら、仕事を進められるように工夫していけば、達人が量産できるのではないか?

ノウハウを凝縮したデジタルツールをつくれば、そのツールによって、
クライアントに価値を提供できるだけではなく、実は、社員もスピーディに育つようになる。

マクビープラネット社が、たった4年で50億円近くの年商をあげたように、
あなたの会社が飛躍するためには、どんな専門ノウハウを、独自ツールへと完成させていくべきか――
ぜひ考えながら、お聞きいただきたい。

「実学M.B.A.」のメンバーは、神田昌典による本書の紹介&日本での活用アイデアを、こちらからお聞きいただけます。

トップマーケッター神田昌典の、過去20年を超えるノウハウ宝庫「実学M.B.A.」を
まだ体験されていないなら、いまなら500円でお試しできます

実学MBAお申込み



MAIL MAGAZINE・SNS
メルマガ・ソーシャルメディア


メルマガ一覧を見る