MY PAGE
お客様情報登録・確認

ネット選挙と選挙マーケティング マイクロターゲティングを活用した社会変革は、加速するか?

2019.10.13

 
 

これからマーケッターにとって、おもしろい市場がある。
米国で6000億円市場にまで成長しているが、日本では、まだ、ほとんどスタートしていないといえる。

しかし、その市場に、いち早く参入したベテランがいる。
それが今回インタビューした日本における選挙プランナーの元祖である、三浦博史さんだ。

私が、この市場に注目している理由は、2つある。

1つは、ネット選挙運動が解禁されたから。
れいわ新選組の山本太郎氏が、クラウドファンディングで、献金4億円を集めたことは衝撃だった。

そして、もう1つは、ネット選挙運動とは、まさにデジタルマーケティングの世界だからだ。
れいわ新選組が実践したように、SNSは、賛同者を集める極めて効果的な媒体なのだ。

政治にマーケティングを持ち込むのは、もちろん批判がある。
しかし、私は、この批判は的外れだと思う。

なぜなら、今までのアナログ選挙は、
既存チャンネル(テレビや既存政党)へのつながりが強いかどうかで、結果が決まってしまいがちだ。

しかし、マーケティングによりメッセージの到達度が高くなるのなら、
今まで政治参画に強い動機がなかった層も、投票へ動く。

ならば民主主義の担い手の世代交代がスムーズに行なわれる手段として選ばれるのは、当然ではないのか?

実際に、私どもの仲間のなかでは、実業を実践してきたからこそ、
高い理想を掲げ、地域社会へと貢献しようとする挑戦者たちも出始めている。

ビジネスと社会形成が直結してきた現在、
地域政治と地域ビジネスとの連携法を、これをきっかけにお考えいただきたい。

「実学M.B.A.」のメンバーは、神田昌典による本書の紹介&日本での活用アイデアを、こちらからお聞きいただけます。

トップマーケッター神田昌典の、過去20年を超えるノウハウ宝庫「実学M.B.A.」を
まだ体験されていないなら、いまなら500円でお試しできます

実学MBAお申込み



MAIL MAGAZINE・SNS
メルマガ・ソーシャルメディア


メルマガ一覧を見る