MY PAGE
お客様情報登録・確認

Vol.50 『Connecting Democracy』

2012.7.10

 

 

上からの決定で、自分はどちらかと決めるのではなく、
自分と社会との関わり方を自分で決めるという
積極性が前提になければいけません。
… by神田昌典

日本はオーソリティーを尊重します。
なので、勤勉で優れた人たちがたくさん生まれてきました。
しかし、チャレンジする人は少なかったのです。
…by 井上久美

今回ご紹介する『 Connecting Democracy 』は
「 eガバメント 」に関する一冊。

「 eガバメント 」とは、
行政がインターネット上で、
政治に関するデータを公開したり、

市民が政策に対して発言するための
プラットフォームです。
オバマ政権が、体制変更を行う際に、
このプラットフォームを
採用していることで有名になりました。

「ビジネス洋書トライアスロン」で
なぜ政治の本を取り上げるのか?
そこには理由があります。

オバマ政権の体制変更が無事に完了した背景には、
市民の主体的な政治への関わりがありました。
インターネットを通じて、市民は積極的に
政府との質疑応答を繰り返し、
政府の体制変更に影響を与えたのです。

これからの社会では組織のあり方が変わってきます。
変化が激しい世界で生き残るには
デモクラシーという考え方が大事になります。

組織にコミットしているメンバーが

社会の変化や、危機が訪れたときに、
互いに協力しあい、
組織のビジョンを遂行する必要があるのです。

そのためには上からの指示ではなく、
自ら積極的に関わっていく姿勢。
それが今後問われてくるでしょう。

メンバーが団結して、協力し合い
これからの社会で生き残っていく組織のありかたとは?
そのエッセンスをお届けします。

「実学M.B.A.」のメンバーは、神田昌典による本書の紹介&日本での活用アイデアを、こちらからお聞きいただけます。

トップマーケッター神田昌典の、過去20年を超えるノウハウ宝庫「実学M.B.A.」を
まだ体験されていないなら、いまなら500円でお試しできます

実学MBAお申込み



MAIL MAGAZINE・SNS
メルマガ・ソーシャルメディア


メルマガ一覧を見る