MY PAGE
お客様情報登録・確認

洋書トライアスロン Vol.64 2013/2/10配信号 『 Sexy Little Numbers: How to Grow Your Business Using the Data You Already Have 』

2013.2.10

 

 

みなさんの行動の足跡が

データとして蓄積されていく。

ビジネスのあり方が変わるためのインフラが

完全に出来たのだと思います。

…by 神田昌典

マジシャンのごとく、

氾濫するデータ、豊かなデータを

駆使していく。

…by 井上久美

本日ご紹介する『 Sexy Little Numbers 』は、

膨大なデータを駆使して、

ダイレクトマーケティングを行うための一冊。

広告の世界が変わってきていたことに

あなたはお気付きですか?

顧客は日々、多くの情報を

目にするようになりました。

そんな状況では、いかに適切な情報を

的確に届けられるかが

売上を伸ばすためのカギとなります。

『 Sexy Little Numbers 』の著者である

Dimitri Maex 氏は OglivyOne という会社で

マネージングディレクターをされています。

この会社は広告代理店なのですが、

ネットでのダイレクトマーケティングに

特化している会社です。

そんな彼が著した本書の特徴は

「計量経済モデル」を広告の世界に

持ち込んだことにあります。

顧客についての膨大なデータから、

売上を伸ばすためのヒントを分析的に

拾い上げていく方法なのです。

例えば A/B スプリットテストというものがあります。

ウェブでのランディングページを

2 パターン設けて、どちらの方が

反応率が高いかを計測する方法です。

従来では 2 パターンまでが限界でしたが

技術が発達した今、そのパターン数は

6 つにも 7 つにも分けて計測が可能なのです。

その時に見えてくるもの。

それは統計学的に

顧客がどのような属性を持っていて、

どのような言葉掛けをすれば

反応率が上がるのかということです。

その効果は、オバマ大統領選の際も

発揮されました。

ウェブページの言葉掛けを少し変えただけで、

メールの購読数やボランティアの数、

そして支援金までもが増えたのです。

周りにある情報を

分析した時に見えてくる世界。

その中に自身のビジネスモデルを

成長させるためのヒントがみつかるのです。

膨大な量のデータをうまく活用し、

売上を伸ばすための最新の方法。

そのエッセンスをお届けします。

「実学M.B.A.」のメンバーは、神田昌典による本書の紹介&日本での活用アイデアを、こちらからお聞きいただけます。

トップマーケッター神田昌典の、過去20年を超えるノウハウ宝庫「実学M.B.A.」を
まだ体験されていないなら、いまなら500円でお試しできます

実学MBAお申込み



MAIL MAGAZINE・SNS
メルマガ・ソーシャルメディア


メルマガ一覧を見る