MY PAGE
お客様情報登録・確認

Vol.73 『The 17.6 Year Stock Market Cycle: Connecting the Panics of 1929, 1987, 2000 and 2007』

2013.6.25

 

 

今まで私が考えていた

70年周期を裏付けるような一冊だ。

…by 神田昌典

どんなに大変でも、Have fun! 楽しめる余裕を

持てるかどうかが、大切である。

…by 井上久美

神田が以前からお伝えしている

日本の歴史は70年周期で動くとする

「70年周期説」を

ご存じの方も多いと思います。

本日ご紹介する『 The 17.6 Year Stock Market Cycle 』に

書かれた「17.6年の株式市場のサイクル」は

この説を裏付ける一冊かも知れません。

そもそも、70年周期説のきっかけは、

ファンドマネジャーの大竹慎一氏から教わった

「70年周期」の経済予測にありました。

その後、神田自身も独自に時代検証し、

この根拠を探してきました。

一つの根拠は、以前洋書トライスロンで取り上げた

著者 ウィリアム・ストラウス、ニール・ハウ両氏が書いた

『 GENERATIONS 』です。

ピルグリム・ファーザースから現代までアメリカの世代を分析し、

アメリカに、4世代における84年サイクルがあることを示した一冊です。

もし仮に、日本でも4世代の70年サイクルがあるとすれば、

世代を春夏秋冬のに当てはめ、

70年の4分割とし、1つの季節が17.5年となり

偶然にもこの「 17.6年 」と絶妙に合っているのです。

いったい、著者はこの「 17.6年 」サイクルを

どのような根拠や考えから導き出したのか。

今回は、17.6年の株式市場のサイクル、

そのエッセンスをお届けしていきます。

「実学M.B.A.」のメンバーは、神田昌典による本書の紹介&日本での活用アイデアを、こちらからお聞きいただけます。

トップマーケッター神田昌典の、過去20年を超えるノウハウ宝庫「実学M.B.A.」を
まだ体験されていないなら、いまなら500円でお試しできます

実学MBAお申込み



MAIL MAGAZINE・SNS
メルマガ・ソーシャルメディア


メルマガ一覧を見る