MY PAGE
お客様情報登録・確認

洋書トライアスロン Vol.81 2013/10/25配信号 『The Signal and the Noise』

2013.10.25

 

 

非常に読み応えのある一冊。ここからいろんな発想、

イマジネーションが湧いてくる一冊である。

…by 神田昌典

予測にしても占いにしても、それにとらわれ過ぎないで

あくまでツールとして考え、より賢い判断を下すことが大切です。

…by 井上久美

本日ご紹介の『The Signal and the Noise』は、

世界を震撼させ、ビッグ・データ時代の預言者ともいわれる

ネイト・シルバー氏の一冊です。

スポーツと政治の領域のデータ分析に関して

圧倒的な実績を誇るシルバー氏。

シルバー氏が有名になったのは、

PECOTAという野球の統計データの分析モデルを開発したこと。

メジャーリーグで活躍が期待できるマイナーリーグの選手を特定するもので、

その非常に高い精度が評価されて、

「 マネーボール 」で有名になった、野球データ分析会社

「 Baseball Prospectus 」に買収されました。

また、さらに名声を挙げたのが大統領選の予測です。

自身の政治ブログ「 FiveThirtyEight 」では、

世論調査や経済データを分析・解析し、

オバマ大統領選の

50 州中の 49 州 ( 2008 年 )、

50 州中の 50 州 ( 2012 年 )と、すべての予測を的中させました。

本著は、神田が冒頭で伝えているように、

日経BP社より、来月11月末に『シグナルとノイズ』として発売予定です。

来月には翻訳書がありますが、

1カ月早く聞く価値のある内容となっています。

神田自身、本書を

「読み応えのある一冊で、翻訳が出たら翻訳書も改めて読みたい。

この本の予測方法を学ぶことで、専門家の意見に惑わされることなく、

実際に事件や出来事が生じた際、柔軟に動くことができるようになるだろう。

本当の意味での知性が身に付けられる一冊だ」と言っています。

ビッグデータ時代においては、

「多くの書籍や記事で、いかにデータを集めるか」に

注目が集まりがちですが、

シルバー氏の考えに基づけば、

「膨大な情報には、より多くの役に立たない”ノイズ”が含まれ、

真実 = ”シグナル ”が必ずしも含まれているとは限らない」

ということです。

どんなにデータが増えても、数字が自らを語ることはありません。

データを欲する前に、自分たち自身をより深く理解し、

イマジネーションを基にした自分への問いが必要になります。

その問いさえ適切であればデータを理解し分析できるといいます。

では、いったい、予測を的中させるイマジネーションとは何か?

あるいは、なぜ、多くの専門家たちの予測は的中しないのか?

今回は世界を震撼させる分析者 ネイト・シルバー氏の洞察の秘訣、

そのエッセンスをお届けします。

「実学M.B.A.」のメンバーは、神田昌典による本書の紹介&日本での活用アイデアを、こちらからお聞きいただけます。

トップマーケッター神田昌典の、過去20年を超えるノウハウ宝庫「実学M.B.A.」を
まだ体験されていないなら、いまなら500円でお試しできます

実学MBAお申込み



MAIL MAGAZINE・SNS
メルマガ・ソーシャルメディア


メルマガ一覧を見る