MY PAGE
お客様情報登録・確認

洋書トライアスロン Vol.82 2013/11/10配信号『Unthink: Rediscover Your Creative Genius』

2013.11.10

 

 

この本は本質とノイズを見極めながら、

いいところを取っていった方がよい一冊だ。

…by 神田昌典

生身の人間と接する、生身のその場にいて

その生身の体験をする、ということを

意図的に作らなくてはいけない

…by 井上久美

本日ご紹介する一冊は、自分自身の天才性を再発見することに

ついて書かれた『 Unthink 』です。

今クリエイティビティがより求められる時代。

Maker、3Dプリンターを一つの業界を見てみても、

創造力ひとつで、世の中に対してメッセージを伝えることができます。

著者のErik Wahl氏は、実業家であり、スピーカー、

世界的に有名なグラフィックアーティストです。

そのアートを、誰もが一度は見たことがあるはずです。

http://theartofvision.com/speaker

その著者がクリエイティブな発想や天才的な思いつきは選ばれし

ごく一部の人だけに備わる才能でなく、私たちの誰もが

普通に持っている能力だと言います。

大人になるにつれて新しい発想ができにくくなるのは

いったいなぜでしょうか?

本書は、クリエイティブな能力を発揮する上で

「PICASSO(ピカソ)」を大事にすることが

重要であることを述べています。

このピカソとは

P=Provocative 刺激的であれ

I=Intuitive 直観的である

C=Convicted 確信せよ

A=Accelerated 加速せよ

S=Spontaneous 即興で動け

S=Surrender 受け入れろ

O=Original オリジナル

これらを元に自分の中に眠る子供のように

まっさらな心を持つ”アーティスト”を呼び覚ますコツに語っています。

クリエティブな能力を発揮する人生とはいったい?

生身を感じる人生の本質、生き方とは

どのようなものなのでしょうか?

今回は、自分自身の天才性を再発見する方法、

そのエッセンスをお届けします。

「実学M.B.A.」のメンバーは、神田昌典による本書の紹介&日本での活用アイデアを、こちらからお聞きいただけます。

トップマーケッター神田昌典の、過去20年を超えるノウハウ宝庫「実学M.B.A.」を
まだ体験されていないなら、いまなら500円でお試しできます

実学MBAお申込み



MAIL MAGAZINE・SNS
メルマガ・ソーシャルメディア


メルマガ一覧を見る