MY PAGE
お客様情報登録・確認

Vol.86 『The HeartMath Solution』

2014.1.14

 

 

医療界におけるパラダイムシフトについて

リアルなソリューションを著した、

とても面白く、革新的な一冊だ。

…by 神田昌典

個人がいかに賢く選択していくか、

誰とどのように、そして

どんな情報に自分をさらすのか?

シャワーのようにポジティブなインプットを

していかなければならない。

…by 井上久美

本日ご紹介する一冊は、医学の世界から

―ハートにはインテリジェンスがあり、

脳と同じぐらい考える力を持っていること―が書かれた

『 The HeartMath Solution 』です。

この本は、神田がフォトリーディング開発者の

ポール・シーリィ博士より、紹介を受けたものです。

ハートにはインテリジェンスがある―

この「 ハートマス 」という考え方は 1970 年代に誕生し、

80 年から 90 年代にかけ、テクノロジーの発展と共に唱えられてきました。

すでに、アメリカではエスタブリッシュされつつあり、

iPhone や iPad 用のアプリも開発され、

非常に優れたノウハウでありながら、実用化もなされています。

http://www.heartmath.com/innerbalance/

心臓には、最低でも 4 万もの神経ニューロンがあると

分かっており、かつそれらは「 考える力を持っている 」そうです。

脳が情報を処理する際には、

まず、脳の扁桃体や視床下部といった皮質に受け継がれて

どんなアクションが適切なのかを判断しますが、

この流れの決定に、ハートと感情が大きな要因を占めているといいます。

最近の、「 意志力 」の研究においても、

心臓の鼓動や心拍変動の重要性が述べられていますが

やはり本書でも、その重要性が述べられています。

心臓と脳は、脊髄を通して情報を伝達し合い、

極度のストレス下におかれている場合には、

脳からの信号は自律神経系に影響を及ぼし、心拍変動が乱れます。

この乱れた心拍変動が、脳の認知機能に悪影響をもたらし、

平静でなくなってしまったり、落ち着いて

考えることができなくなる原因であるといっています。

心臓は電磁フィールドをつくっているといいますが、

この心臓のつくり出す電磁フィールドは、

なんと脳がつくる電磁フィールドの5000倍にもなるそうです。

この心臓の電磁フィールドが広がることで、

人と人とのコミュニーケーションが形成される―

つまり、ストレスレスな人と人の場には、

脳、心臓にとっても、心地よい環境が生まれるのです。

それでは、このハートの心拍変動や電磁フィールドを安定させるためには

どのようにしたらよいのか?

具体的なトレーニング方法はどのようなものがあるのか?

今回は、ハートには脳と同じくインテリジェンスがある―

「 ハートマス 」、そのエッセンスをお届けします。

「実学M.B.A.」のメンバーは、神田昌典による本書の紹介&日本での活用アイデアを、こちらからお聞きいただけます。

トップマーケッター神田昌典の、過去20年を超えるノウハウ宝庫「実学M.B.A.」を
まだ体験されていないなら、いまなら500円でお試しできます

実学MBAお申込み



MAIL MAGAZINE・SNS
メルマガ・ソーシャルメディア


メルマガ一覧を見る