MY PAGE
お客様情報登録・確認

洋書トライアスロン Vol.90 2014/3/10配信号『The Biology of Belief』

2014.3.10

 

 

この本読み終えた後、私はパラダイムシフトした。

これからどのようにして、この知識を

自分の中に落とし込んでいくか、が楽しみだ

…by 神田昌典

今回ご紹介する一冊は、新しい生物学の潮流、

エピジェネティクスについて書かれた

『 The Biology of Belief 』です。

これまで、遺伝子が全てを決定するという

セントラル・ドグマという概念が普及してきました。

しかし、この概念が間違いであるということが

近年、急速に分かってきています。

例えば、これまで ‘ 知性がある ‘ と思われていた DNA には、

全く知性がありません。

DNA を核から取り除いても、細胞は生きていますが

膜を破壊した瞬間に、細胞は死んでしまうのです。

さらに研究を深めたところ、DNA ではなく、

細胞膜に知性があることが、わかってきています。

この研究を、量子力学や生物学に

応用することによって生まれた新たな仮説が、

本書には書かれています。

実はこの本、『「思考」のすごい力』として

翻訳書が発売されており、本来であれば、

ご紹介を控えるのですが、本書に対する

神田の強い想いがあり、あえて取り上げました。

その理由は……

この最新の生物学を紐解くことで、

―細胞レベルからのカルマや生まれ変わり、

さらには人間の存在、進化に光を当てることにより―

新たな認識を手にすることができるからです。

著者は、研究を突き詰め、次の仮説に至ったと言います。

「細胞から見つめることで、

我々は地球に存在してはいるが、結局のところ、

地球にいるのは ‘ 火星に降り立ったラジコン ‘ に

カメラと耳がついたような

状況を視察するための器具であり、

実際にそれを見ているのは遠く別のところにある。

そして、その別のところにある存在というものは

この肉体という器具を使って

‘ 地球という経験 ‘ をこの進化というもので促している」

「どんな経験であっても、

この経験こそが実は、全体の中で調和がとれていて、

我々を、次なる高い進化 ・ 認識へと運んでくれる」

神田は、この仮説自体、

非常に深淵すぎて、ついていくのが大変だ

という印象を受けたそうです。

しかし、このような認識を持つことで

ちょっと目の前の出来事に対する対応も

変わってくると言います。

約 60 兆個とも呼ばれる細胞は、

いったい、どのような知性を持っているのか ?

この認識をどのように活用すればいいのか ?

今回は、新しい生物学の潮流、エピジェネティクス。

そのエッセンスをお届けします。

「実学M.B.A.」のメンバーは、神田昌典による本書の紹介&日本での活用アイデアを、こちらからお聞きいただけます。

トップマーケッター神田昌典の、過去20年を超えるノウハウ宝庫「実学M.B.A.」を
まだ体験されていないなら、いまなら500円でお試しできます

実学MBAお申込み



MAIL MAGAZINE・SNS
メルマガ・ソーシャルメディア


メルマガ一覧を見る