MY PAGE
お客様情報登録・確認

Vol.116 医療と終末で死にいくときに重要なこと Being Mortal: Medicine and What Matters in the End

2015.4.10

 

 
原題 Being Mortal: Medicine and What Matters in the End

著者  Atul Gawande

 

非常に衝撃的な内容でとても軽く扱えない一冊です。
しかし、それが我々の人生を非常に豊かにする。
死があるからこそ、生が輝くと言えるんじゃないでしょうか。
…by 神田昌典

 

「死」というものは、
いくら医療が発達したとしても、
避けられない人間の宿命です。

死ぬことについて、
ハーバードメディカルスクールで
教鞭をとっている教授が想うところを
書き記したのが本書です。

この本書の副題は
「 Medicine and What What Matters in the End 」と
なっています。
翻訳すると「医療と終末で死にいくときに重要なこと」
という意味になります。

この本は医療現場について
書かれているだけでなく、
死というものから現在の生き方を
見返せるような一冊になっています。

人生においても、
仕事のプロジェクトなどでも、
終わりがあることで
見えてくるものがあります。

著者は医師としても
患者を診て、死にいく場面に
数多く遭遇することで、
終末に何が重要なのかを突き止めました。

その内容は、
もしかすると組織や会社の中で、
リーダーシップを発揮するときに
とても重要なことのひとつかもしれません。

あなたも死から見える
人生の本質について触れてみませんか?

「実学M.B.A.」のメンバーは、神田昌典による本書の紹介&日本での活用アイデアを、こちらからお聞きいただけます。

トップマーケッター神田昌典の、過去20年を超えるノウハウ宝庫「実学M.B.A.」を
まだ体験されていないなら、いまなら500円でお試しできます

実学MBAお申込み



MAIL MAGAZINE・SNS
メルマガ・ソーシャルメディア


メルマガ一覧を見る