HOME > 次世代ビジネス実践会認定・事業創造コーチ規約


次世代ビジネス実践会認定・事業創造コーチ規約

1)事業創造コーチ資格
(資格の認定)
事業創造コーチは、次世代ビジネス実践会からから次の方法で認定を受けた人とする。
1.神田ビジネスアカデミーが定める7講座完全コースを受講完了後、指定された課題を提出し、次世代ビジネス実践会から認定を受けた人。

(資格の権利)
事業創造コーチは別途定めた事業創造コーチとしての活動を行う権利を有する。

(資格の権利開始)
資格の権利開始は、課題を提出し、講座内容を理解・実践したことを認定する、講座修了証を受領した時点とする。

(技量のアップ)
1.事業創造コーチとしての技量研鑽のため、株式会社ALMACREATIONSが勉強会等を開催した際は積極的に参加する。
2.これら勉強会に参加できない場合には、後日収録映像や収録音声にて内容を確認し、技量のアップに勤める。また、必要に応じ報告書を提出する。

(資格の有効期間)
資格の有効期間は資格認定日から3年間とする。資格を更新した場合は、更新した2年間の有効期間とする。

(資格の更新)
資格の更新は、以下の条件を満たす事とする。
1.必要に応じて神田ビジネスアカデミーが別途定める条件を満たす事。
2.更新料1万円(税別)を有効期間終了1ヶ月前までの間に納付すること。
3.更新手続を行わず有効期間を経過した場合には、本資格は無効とする。

(資格の権利回復)
資格が無効後の権利回復は、資格無効後1年以内でかつ資格の更新条件を満たせば権利回復可能とする。

(資格の取消)
事業創造コーチーが下記のいずれかに該当する場合は、有効期間中でも、次世代ビジネス実践会は同資格を取り消すことができる。その他、次世代ビジネス実践会が事業創造コーチとして不適切であると判断した場合も同様とする。
1.別途定める注意・禁止事項違反し、次世代ビジネス実践会の勧告に対し是正されない場合
2.神田ビジネスアカデミーが提供する講座、教材代金の不払いの場合
3.事業創造コーチが提供するコンサルティングのクオリティが低い場合、クレームが頻発した場合
4.神田昌典および次世代ビジネス実践会のブランドを損なう行為をした場合

(登録事項の変更等)
氏名、住所、連絡先及びその他登録に関する手続き時より変更が生じた場合には、速やかに次世代ビジネス実践会に届け出るものとする。
変更等の未届けによる次世代ビジネス実践会からの通知等の不備に関する一切の責任は次世代ビジネス実践会は負わないものとする。

2)事業創造コーチの活動
(事業創造コーチの権利)
次世代ビジネス実践会の認定をうけた事業創造コーチは、下記権利を有する。
1.突破口1から5で解説するメソッドを、自らのコンサルティング、コーチング、またはセミナーを行う際に引用・活用する。
2.突破口1から5の教材中で提供している、神田昌典が開発したメソッド、著作・制作したテキスト・図表などのコンテンツを使用。
3.ライブコンサルティングの受講(資格取得前から取得後まで2年間で全4回まで)

3)注意・禁止事項
他の事業創造コーチの損失、及び次世代ビジネス実践会の損失になる可能性のある行動については禁止する。
(無許可コンテンツ使用の禁止)
教材に含まれている事例(主として広告・セールスレター等の販促事例)は、実践者自らの著作物であるため、引用はできません。

(神田ビジネスアカデミーが提供している教材の全体・一部の複製・配布の禁止)
神田ビジネスアカデミーが提供している教材の全体・一部の複製は禁止する。

(紹介料の禁止)
紹介料の授受は禁止する。例えば、何らかの理由でコンサルティングやコーチング活動ができず、他のコーチに紹介せざるを得ない状況でも、安易にコンサルティング料の一部を紹介料として授受してはならない。また別の事業創造コーチを雇い金銭を支払うことも禁止する。

4)規約の適用と変更
(規約の適用)
本規約は、次世代ビジネス実践会が提供する資格認定制度やサービスを利用する事業創造コーチに対して適用されるものである。

(規約の変更)
次世代ビジネス実践会は本規約を必要に応じて変更することができる。変更後の規約は、ホームページで掲示する。掲示・告知した時点から効力が生じるものとする。

5) 改訂履歴
2013/11/05 制定