本年のご案内は終了しました。
お申込みありがとうございました。
2019年も5月に、
開催予定ですので、
どうぞ、ご期待ください。

神田昌典

神田昌典です。
このセミナーは、あなたのために
企画したものではありません。
実は、私自身のために企画しました。

なぜなら、私は、
あなた同様、とても忙しい。
どんなに貴重な情報があっても、
いくつものセミナーに、
毎回、顔を出すことができません。

経営者として計画を達成するためには、
そして、コンサルタントとして
指導するためには、
1年分の最新マーケティング知識を、短時間で、
仕入れる必要があるのです。

そこで、
私自身が、ぜひ教えを乞いたい
日本のマーケティング界の、
最高のブレインに声をかけて、
一堂に集まっていただけないかと
切にお願いしました。

その結果、素晴らしい講師陣が、
一同に会すという、素晴らしい1日が、
今年は、5月16日に実現。

経営者・幹部・売上責任者にとって、
2019年に向け、業績を飛躍させるために、
極めて貴重な1日となりました。

そのため、全編収録した映像
約5時間の講義を
オンラインで、急遽再現しました。

理由は、あなたの輝かしい事業を、
一気に
広げるための、1年分の
ヒントが凝縮しているからです。

進化するデジタルマーケティング、
逆にこの進化を、手玉に
とるように
使いこなすことこそが、
あなたの会社の集客が
劇的に
変わることに、 間違いありません。

最新知識を各界の
プロフェッショナルから、
一気に学んだ、魔法のような時間を、
ぜひ、あなたにも。

しかし、このような不安をお持ちでないでしょうか?

集客方法が多様化しすぎて、
何が効果があるのかわからない。
デジタルツールがたくさんありすぎて、
何が使えるのかわからない。
メールはまだ集客に有効なのだろうか?
フェイスブック広告は、まだ使えるのだろうか?
広告費を下げて、獲得を増やすには、
何を使えばいいのだろう?
リピート客を増やすシンプルな
方法はないだろうか?
AIの進化は集客にどのような
変化を及ぼすのだろうか?

売上をあげるためのマーケティング手法は、年々簡単になっています。
ほんの数分の作業で、自動的に売上があがるほどになっています。
しかも、経費はほとんどかかりません。

にも関わらず、それに、取り組まない、
理由は2つ

知ろうとしないから

そして、忙しいからです。

だから、「知らない」のは当然です。
なぜなら…

たった一年の間に、
たくさんの変化が起こっています。
あなたが知らないうちに
アルゴリズムが変わり、
新ツールが続々とリリースされている。

もはや、個人や、一企業単体では、
進化し続けるマーケティングの全てを
把握することは不可能です。

では、どうやって追いついていけば
いいのでしょうか?
答えは、簡単。

「知らない」のなら、
「知ればいい」のです!

そのチャンスをカタチにしたのが、
マーケティング白熱会議2018

まだ、ほとんど知られていない、
マーケティング情報の数々。
全6時間のセミナー映像を、
2分でチラ見しませんか?。

敏腕マーケターと、
各界プロフェッショナルが
一同に集う、
あまりにも貴重で、豪華な1日。

「忙しいから2日間も時間を取れない」

はい、私も、同じ状況です。
1日間の時間をとるのは、
決して楽ではありません。
しかし、この1日を調整することで、

取り組むマーケティング施策が
明らかとなり、
3週間のゆとりが生じる
としたら?

しかも、
その後、海外への大きなチャンス
見え始めるとしたら?

繰り返しになりますが、この1日は、
私の学びを凝縮し、
実践を加速するために
企画しました。
わがままを通し、
最高のブレーンに声をかけました。

この1日は、想像を大きく超え、
1年の取り組みの指針を、
5時間で得られる
最高の機会となりました。

このビジネスリーダー達との出会いは
火花を散らし、必ずあなたの事業を
大きく加速させると、 信じてやみません。

AMI 2018 OUTLINE

名称 ASIAN MARKETING INTELLIGENCE
マーケティング白熱会議
主催 株式会社ALMACREATIONS
費用 オンラインセミナー:
定価50,000円(税別)
6月27日まで20%オフの
特別価格でご案内中。

TIME SCHEDULE

オープニング

中小企業がデジタルトランスフォーメーション化するために、今何が必要か?

神田 昌典

vol.1

新規顧客をスマホで獲得する方法。
スマホユーザーは未開拓リストの宝庫、
目からウロコのを使用法を徹底解説。

Facebookは、全世界で20億人が利用し、ソーシャルメディアで圧倒的ナンバー1です。しかし、日本国内に目を向けると、月間利用者数は、2,800万人に過ぎません。一方、LINEの日本国内における月間利用者数は、7,300万人以上といわれ、Facebookのなんと2倍以上。各SNSの中でダントツの利用者数となっています。ビジネスでは、Facebookの利用率が高いため、Facebookの利用者比率が高いと錯覚している人が多いようですが、実情は、、、。LINEをビジネス利用する人はまだまだ少数ですので、ほとんどの人が知らない3つの使い方で「LINEは売れる!」。この事実を成功事例、運用のコツ、落とし穴について、徹底解説します。

斎藤 元有輝
株式会社サイトウジムキ

vol.2

AI搭載のあのツールで購入率が10倍!?
WEB対応の課題を、これで一変した理由とは?

現在、ECサイトの市場規模は年々拡大しており、2020年までには20兆円まで成長すると見込まれています。しかし、ECサイト業界ではまだまだ様々な課題が多くあります。その一つに、購入率の低さが挙げられます。リアル店舗とECサイトを比較した場合、リアル店舗は約20%も購入率が高いといいます。その違いは、接客の違いが明らかになっています。
そこで、その課題に注目、WEB対応で、でもリアル店舗以上の接客を可能にし、顧客化への確率を高めるWEB接客ソリューション「OK SKY」を開発。
この導入効果として、WEB応の購入率向上はもちろんのこと、店舗への送客やカスタマーサポートの効率化など、導入先企業の顧客化を促進します。接客の主体となるのはチャット。AI(人工知能)と豊富な経験と専門の業界・商品知識を持つ人材によって行われるため、既存のECサイトで行われる機械的な案内や画一的なレコメンドではなく、顧客のニーズを正しく反映した接客が可能となりました。その成功事例をご紹介します。

中嶋 洋巳
株式会社空色

vol.3

ソーシャルメディアでクチコミを起こし、
獲得数を上げ、
コストを下げる方法。
さらに、クチコミで中国市場参入もここまで簡単に?!

「購買行動の意思決定はクチコミに宿る」。とクチコミマーケティングの重要性が叫ばれて久しいですが、クチコミの原動力となるソーシャルメディアで、実際にどの様にクチコミが購買に寄与しているのか、売上データを始めとした各種指標と突き合わせながら、事例とともに解説。
クチコミマーケティングを広告と連動させることで、成約数を高め、獲得コストを下げる方法を具体的に紹介します。
また、クチコミマーケティングの最先端を走る中国において、この巨大な市場への参入障壁を一気に下げるのが、クチコミを活用する方法でした。「越境EC市場」への参入を簡単に実施する方法をお伝えし、その課題と解決策なども含めて全体的に解説。文化背景や情勢とともに、どのようににクチコミマーケティングを設計すれば中国でモノが売れるのかを解説します。

中澤 吉尋
株式会社トレンド
Express

vol.4

たった1つのツールを既存サイトに
追加するだけで、成約率が飛躍!?
なぜ、これで顧客化を大幅に改善できるのか?

WEB上の行動データの活用が当たり前になった今、多くの企業が次の課題に直面しています。それは、アクションのコストが、改善幅を上回ってしまう問題です。どんなに優れた分析や改善施策でも、そのコストが改善幅を上回ってしまっては本末転倒です。いかにコストを抑えて、優れたデータを集め、最大の改善幅を得られるかが勝負の分かれ目となっています。
解決策として、モーダル型サービスが強い威力を発揮します。当社のサイト内アンケートツール「VoicePocket」や未公開の新サービスをもとに、今企業が成功している活用方法を紹介します。

上村 謙輔
株式会社
サードパーティートラスト

vol.5

なぜ、隣の会社は30分で1つの業務改善
アプリを作り出せるのか?
人材難時代の効率アップ法をご紹介。
人がいないのに、売上が上がる"新常識"。

システム開発は高額で中小企業様に決して容易ではありません。一度要件定義をしたら変更することがとても難しく自社の業務に合わないことが多々。
そして、自社でメンテナンスができないため、何もなくても「安心」のためだけで、保守契約料などが発生している状態がほとんどではないでしょうか。
誰もが踏み入れなかったこの悪しき問題にメスを入れ、成長する企業に合わせて自社のシステムを自社の手で作り上げることを提案するのが、ジョイゾーが提案するあるツールをもとに対面開発。この開発手法は、日本初39万円というパッケージ化された安心のローコストで、しかもたった6時間で自社の業務に合ったシステムを導入することできるので、あまりにも画期的。
その利用方法は、多岐にわたり、売上管理、顧客管理、プロセス管理、労務管理、日報管理などなど。圧倒的な業務の効率化が進みます。一例では、リピート購入につなげるための、顧客管理、分析、購入回数、それらのリストを抽出、といった一連のデータ管理は担当者がエクセル管理されていることがほとんど。それをたった1つのアプリであっさり解決し、顧客のリピート率を高め、さらに社内の業務効率を何倍にも高めます。

四宮 靖隆
株式会社ジョイゾー

特典

特別対談75分

特別ゲストをお招きし、上記5時間の講義から何をどの順番で実践すべきか、具体的に指南します。 いい話を聞いただけでは、終わりません。実践に活かしていただくスタートをここで切っていただきます。

元・船井総研 トップビジネスプロデューサー 五十棲 剛史
神田 昌典

お話いただく内容を、
動画でご紹介いたします。


SPEAKER PROFILE

中嶋 洋巳

中嶋 洋巳
HIROMI NAKAJIMA

株式会社空色

代表取締役


2005年、西日本電信電話株式会社入社。新規事業開発部に所属し、コミュニケーションを用いたファッション提案アプリの開発など複数の新規事業開発に従事。 2013年10月、株式会社空色を創業。チャットを軸としたウェブ接客ソリューション「OK SKY」の開発・提供、チャットセンタ−運用受託事業を展開。2016年からAIを活用したチャットツールの提供を開始し、AIと人を組み合わせた新たな購買体験の創出に取り組む。

中澤 吉尋

中澤 吉尋
YOSHIHIRO NAKAZAWA

株式会社トレンドExpress

取締役 ソリューション事業本部 本部長


明治大学卒業後、日本経済広告社(ADEX)に入社。大手企業を中心に広告ソリューションの提供やメディア開発に従事。2016年4月に株式会社ホットリンクに参画し、経営企画部のマネージャーに就任。株式会社トレンドExpressの中国企業との業務提携や広告事業の立ち上げを担当。2017年1月に株式会社トレンドExpressソリューション事業本部 本部長、2017年3月に同社取締役に就任。
現在は越境ECを始めとした各種事業の立ち上げ、ソリューションメニューの開発、営業本部全体の統括を行う。

四宮 靖隆

四宮 靖隆
YASUTAKA SHINOMIYA

株式会社ジョイゾー

代表取締役社長


2010年株式会社ジョイゾーを設立。サイボウズ社のクラウドサービスの専業SIerとして今までに300件以上の開発の実績を持つ。このクラウドツールをもとに各地でのイベントに登壇し、活用方法や活用事例を伝え、市場のさらなる拡大を目指す。
2014年、日本初の定額制来店型システム開発「システム39」をリリース。39万円という完全定額料金で2時間の打合せの中でシステムを開発。3回の打ち合わせで完成させる「対面開発」という今までにない画期的なシステム開発手法を展開し、中小企業の業務改善に尽力。一方、働き方改革が声高に掲げられる近年の流れから、このビジネスモデルがIT業界の悪しき習慣を改革をもたらすとして、ベンダー、クライアント相互から「楽しむシステム開発」として注目を集める。

斎藤 元有輝

斎藤 元有輝
MOTOAKI SAITO

株式会社サイトウジムキ

代表取締役
マーケティングプロデューサー


関西学院大学卒。LINEの専門家として、企業研修やコンサルティングを展開。その実績は、資生堂ジャパンなど年商1,000億円を超える大企業をはじめ中小企業、個人事業主まで幅広く多数(日本経済新聞、京都新聞なども)。LINE@ビジネス活用セミナーの登壇は、160回を超え、日本トップクラスの実績を誇る。書籍には「LINE@活用術」があり、発売1週間で増刷。現在、9刷り。LINE社とLINE@セミナーの協同開催実施、定員の2倍を超える申込があるなど、セミナー後にすぐ実践につながることで、好評を博す。
その実績から様々な業種からの講演依頼や、メディアの出演依頼が多数。(テレビ朝日など)

植山浩介

上村 謙輔
KENSUKE UEMURA

株式会社サードパーティートラスト

代表取締役


WEBディレクター、コピーライター、IT系広告会社を経て、2011年7月独立。Omniture社のSiteCatalyst(現AdobeAnalytics)の日本展開とともに2007年よりWEB解析事業を展開。Omniture社のサービスの200社以上の導入を行いつつ、自社の解析サービスを中心としたサービス開発を行う。
独立後、GoogleAnalyticsと連携した解析レポート自動作成ツール「トラストモニター」をいち早く展開。AdobeAnalytics、GoogleAnalyticsを中心とした解析サービスを展開し、2,000件以上の解析レポートを提供。クライアントは自動車メーカー、通信事業者、製造業などナショナルクライアントから中小企業まで、幅広いウェブサイトの分析を実施。2016年にはサイト内アンケートツール「VoicePocket」をリリース。2018年にはAI分析ツールとWEB接客ツールを一体化した「BoostPanel」のリリースを予定するなど、サービス開発にも注力。広告会社をはじめ多くの企業のデータ分析を支援。

ここから得れることは?

ズバリ!!
デジタルマーケティングの進化による
集客の大変革に、
あなたの会社が何を実施すべきか!


この劇的進化に、
遅れをとらないために、
ぜひオンラインで、ご覧ください。


あなたのパソコン、スマホ、
タブレットで、
いつでもどこでも、隙間時間に、
ご覧いただけます。

この5時時間に及ぶ貴重な
情報を吸収し、
競合に差をつけませんか。

期間限定販売の価格は...


 

オンラインセミナーは期間限定で、
7月31日まで、
何度でもご覧いただけますので、
今すぐこちらから


すでに参加されたお客様の声を
ご紹介いたします。

このセミナーに参加された方は、
どのように感じていたでしょうか?
感想を伺いました。

タクセル株式会社
代表取締役
田中 亮大様

会場でいち早く、貴重なデータを
基にした情報を聞けて良かった!

会場に来て本当によかった!!WEB上では調べられない「生」の情報が盛りだくさんだったので、いち早く会場に来て、情報をとれて良かった。 LINE@などのツールでも、自分がやっているか、やっていないか、それだけで判断していましたが、とても貴重なデータを提供いただけたので、データに基づき経営判断をしていきたいと思います。まず、今日教えていただいたツールを自分で使うところから実践していきます。


ペンション
「ぷれじ~る」経営
田嶋 加代子様

宿の集客にも、
集客法が大きく変わる!を実感。

いろんなことをいっぺんに学び、とても充実した1日でした。長野でペンションを経営していますが、集客のサポート、お客様のサービスの向上にLINEがとても役立ちそうということを実感。メールにプラスして、LINEがこんなにビジネスに活用できるものかと驚きました。集客が大きく変わることを実感します。


株式会社リーガル・
ステーション
代表取締役 岩崎 仁弥様

思い込みがどれも違った!
新たな正しい情報をとれて良かった。

思い込んでいることが多かったことに気づいた。例えば、LINE@は仕事には使えない、ポップアップのアンケートは成約が上がらない、接客は人が一番、またKintoneもすでに導入しているが、日報や業務プロセス管理程度。などなどと思っていた...。しかし、思い込みが見事に違ったことが大きな大きな発見であった。
業務効率が大幅にアップし、売上が上げられるのは超画期的。
働き方改革が、これから大きな問題となるので、クライアントの業務効率改善にぜひ教えたい。


Y・H様
会社員

経営者と社員が同じイメージを
もてるので、一気に進む!

経営者の方が聞くような内容を、一社員の私でも聞けたのは、とても刺激的でした。経営層の方と私のような社員が、一緒になって、このような多方面の最新情報を聞く方が、同じ到達点のイメージを持てていますので、判断後の現場の実行も、一気に進む気がします。 Kintoneは一つの部署だけではなく、全社的な業務効率化に、本当に役立ちそうな印象がありました。


株式会社キズナキャスト
代表取締役小林広治様

カスタマーサポートの、
時短と質の向上で成約アップ。

神田さんご自身が勉強されるためと伺っていますので、神田さんが学ばられる視点を、私も学ぶために、そして進化するマーケティング学ぶために、年間行事として毎年欠かさず楽しみにしています。私の会社でセミナー事業を本格展開する上で、カスタマーサポートが欠かせなくなっています。コールセンター業務で、長時間高い質を担保するのは、とても難しいので、AI搭載のチャットボットを活用して、接客にかかる時短をしながら、質の向上を狙いたいと、考えています。


中里 理紗様
会社員

メールだけでは不安だが、
リーチの幅が格段に広がる。

多方面の情報を一気に聞くことができて、とても勉強になりました。教えていただいたツールを活用すると、格段と見込み客へのリーチが広がるので、未来が広がる印象がありました。中にはメールと並行して活用すると20倍もの効果があるというは、本当に驚きました。今のメール中心のマーケティングでは、不安がありますので、早速、お客様とのサポートや業務効率にも取り入れてみたいと思います。


未来につながる知識を
年末に向けて、
オンラインでご覧ください。
全編収録動画(5時間)を、
6月27日まで、
20%オフの
特別価格+特別特典で、
受講いただけます。

特別特典(75分)は、
特別ゲスト・五十棲剛史氏と神田昌典が
デジタルマーケティングを
2019年までに何をどの順番で実施すべきか、
 動画で具体的に指南します。
 いい話を聞いただけでは、終わりません!

オンラインセミナーは期間限定で、
7月31日まで
ご覧いただけますので、
今すぐこちらから